映画『never let me go』と暮らす。

自然や本や紅茶、そして映画など。人生を豊かに幸せに。

『never let me go』という映画

f:id:treeberry:20171001001346j:plain

この映画を観たのは確か中学2年生の頃。

 

毎週金曜日にTSUTAYAで旧作を1本借りて、先にお風呂に入り22時から観て観終わるのが24時過ぎ。その時間が大好きだった。

そんな日課で観た映画のひとつだった。

 

エンディングロールが流れてはっと気が付き、初めて嗚咽をしながら泣くということをした。

とにかくこわかった。この映画の意味を中学2年生ながらに理解しこわくなった。

 

初めて自分もいつか死んでしまうことに気が付いた・・。

それからは2週間を掛けてを理解し、そのうえで生きていくことを決めた。(中学2年生でしかも2週間で死を理解したなんて神なのかな!?w)

 

とにかくこの映画は思っ苦しい・・。つまらないという人が大半だと思う。

スパイダーマン役のアンドリュー・ガーフィールドが出てるけどね!私は好みじゃないw

 

キャリー・マリガンはかっわいい!♡

あとパイレーツ・オブ・カリビアンキーラ・ナイトレイも出てる。

※ここから下ネタバレ含む※

 

 

 

 

 

 

キャリー・マリガンが演じているキャシーHがずっと現実的で淡々と人生を送る。親友ルース(キーラ・ナイトレイ)に愛するトミーを奪われても、そのトミー(アンドリュー・ガーフィールド)がお亡くなりになりになっても動じない・・。

ルースとトミーは怒ったり泣いたり、嫉妬したり発情したりしながら生きていく。

 

 

さぁ、私はどうやって生きていこうかな?

それを考えて(今22才だから、中学2年生は14才?8年経ってる!?えっ!?)8年考えて・・。そんな前なんだ・・。

 

ショックです。・・8年考えたら色んな答えが見つかりました。

それはまた次の記事で書こうかなぁ~。

 

 

おやすみなさい(つд⊂)エーン